“買春”で1年間の出場停止

アジア大会中に買春行為を行った代表選手に対し、日本バスケットボール協会は、臨時理事会で、1年間の公式試合の出場停止処分を決めた。練習などの活動については制限を設けず、再起への道を残した。