「天神祭」本宮「船渡御」5000発の花火 大阪

大阪の夏の代表的な祭り、「天神祭」は、25日

クライマックスの本宮を迎え、100隻の祭船が川を行き交う「船渡御」に合わせて、およそ5000発の花火が打ち上げられました。

大阪の「天神祭」は、本宮の25日大阪天満宮の本殿に祀られている神様に年に一度、地域を見回って貰う「陸度御」と「船渡御」が行われました。

大阪市は、25日も厳しい暑さとなりましたが、

午後3時半に「陸度御」が始まり、催太鼓を先頭に色とりどりの衣装に身を包んだ3000人余りが力強く練り歩きました。

そして、大阪市中心部を流れる大川では、午後6時から100隻の祭り船が上流と下流の二手に分かれて行き交う「船渡御」が行われ、船に乗り込んだおよそ1万3000人が太鼓を叩いたり、手を打つ等して祭りを盛り上げました。

これに合わせて、およそ5000発の花火が打ち上げられ、川沿いでは外国人をはじめ大勢の見物客が、団扇を扇いで暑さを凌ぎながら壮麗な祭りに見入っていました。