「10万円給付」補正予算案 衆院通過

現金10万円の一律給付など新型コロナウイルスの緊急経済対策を盛り込んだ今年度の補正予算案が29日、衆議院本会議で全会一致で可決しました。

感染拡大を受けた緊急経済対策の財源となる今年度・補正予算案は異例の祝日での審議となり、衆院本会議で全会一致で可決されました。

補正予算案は一般会計の総額が25兆6914億円で、1人につき10万円の現金給付や、中小企業などへの支援、医療体制整備などの費用が盛り込まれ、財源は全て国債で賄われます。あわせて可決された10万円の給付金の差し押さえを禁止する法案とともに参議院に送られ、30日に成立する見通しです。