ラグビー・ウルグアイ代表、飲食店で大暴れ“タックル”

ラグビーワールドカップウルグアイ代表の選手が試合の後、熊本市内の飲食店で男性店員を突き飛ばし、転倒させました。これは14日午前4時半ごろの店内の映像です。ウルグアイ代表選手とみられる男性が走っています。その直後、別の角度のカメラには、男性店員が転倒する様子が映っていました。

「(店員が)横からタックルされてふっとんだ。2〜3メートルふっとんだ」(当時店にいた店員)店によりますと、ウルグアイの選手たちは熊本でラグビーワールドカップの試合が開催された後の14日午前1時半ごろ来店。しかし、柱やDJ機材を壊したことから店が通報し、警察の到着を待っていたところ、男性店員が突き飛ばされたということです。

ウルグアイの選手たちはすでに帰国していますが、男性店員や店は選手やチームスタッフ刑事告訴する方針です。