◆解任された宏之氏、ロッテ側に6億円超請求

御家騒動が続くロッテグループを巡り取締役を解任された重光宏之氏が弟の昭夫氏率いる「ロッテ」などに取締役としての報酬や退職金総額6億2600万円余りの支払いを求めた裁判が24日から東京地裁で始まった。ロッテ側は宏之氏の訴えを退けるよう求めた。