LINE 捜査機関に情報開示

無料通信アプリを運営するLINEは、捜査機関からの請求を受けて、半年間でおよそ1200回線の情報を開示したと発表した。利用者に安心安全な環境を提供するうえで必要不可欠だと説明している。